ハチポッターシリーズ

ハチポッター・シリーズ
 

*エコロジーペーパーポットができるまで

シュレッターした古紙を袋に入れ保管します。
葛飾区 水元そよかぜ園

**作業準備**

<材料にできる古紙>

 新聞・雑誌・段ボール・牛乳パック・事務用紙等

<材料に出来ない材料>

金属・プラスチック等が混合されてた紙・解けない古紙

禁忌品:合成紙 写真 複合資材紙 感熱紙等は使用きません

  • 材料製作時、ホッチキス等を除去した事を確認の上作業してください。

 *材料棚には材料別(色別・原材料等)に保管してください。

作業手順・流れ

「まぜしぼくん」KD-1に古紙の材料と水を入れます。
 

「まぜしぼくん」による作業手順

 「まぜしぼくん」(型式KD-1型)に古紙と水を混入します。攪拌作業中の様子が見える様、アクリル樹脂製の上ブタを採用しています。
作業の安全性を高める為、上ブタを開くと攪拌羽根が停止します。又、電気回路上でも保護機能も備えています。
 色を付ける場合は材料完成後に色材を入れ数分攪拌します。
肥料・炭・貝殻等は「まぜしぼくん」から完成した材料を取り出した後に別容器内で「手まぜ」します。
 これで材料は完成です。

材料投入

「ハチポッター2」による作業手順

①ほぐされた材料を「ハチポッター」の金型にいれます。
*材料をひとつかみ金型に入れ、標準付属品の「タタキ棒」で

 鉢の底を強く固めます。

*標準付属品「成型用リング」を本体金型に取り付けます。
 

成型が開始されます。

②レバーを下げ成型軸を金型内面に圧縮します。

*レバーを下げると金型は自動的に起動し、レバーを上げる

 自動的にモーターが停止する「安全設計」です。

*圧縮が完了したら「成型用リング」取り外します。

側面のレバーを下げるます

 

③取り出しレバーを下げると簡単に鉢を取り出すことが

 できます

成型用レバーを下げると金型内のエコポットが持ち上がりレバーを

 定位置にセットします。

*取り出し用レバーは「ハチポッター」の右側面に取付てあります。

*金型からエコポットを取り出す際エコポットの端面に傷がつかない

 ように両手で静かに持ち上げます。

 

  ハチポッター2

ハチポッター2(AK-1-5R)
写真は5号R鉢仕様です

   まぜしぼくん

まぜしぼくん(KD-1)

  ハチポッター3

ハチポッター3(AK-1-2RH)
卓上型